検索

【玉櫻酒造&阿部酒造/GQ China掲載】2020年3月号

掲題につき、世界的に認知度の高い、富裕層向けラグジュアリートレンド雑誌GQの中国版、GQ China(日本版もあります)2020年3月号に弊社取扱日本酒が掲載されましたことをご報告致します。非常に光栄なことで、嬉しく思っております。


<掲載銘柄>

(*)小清水(阿部酒造殿http://www.abeshuzo.com/

玉櫻 生酛純米改良雄町 (玉櫻酒造殿http://www.tamazakura.com/


(*)阿部酒造殿の製品に関しては、蔵元と協議の上、中国における輸入規制が緩和され次第、販売予定。


33回の閲覧

最新記事

すべて表示

【シンガポール】福島県産の食品輸入を許可(全面解除)

シンガポール食品庁(SFA)は1月付(2020年)で福島県産の食品輸入の禁止を解除。海産物、森林で採取される産物を含む全食品の輸入が認められる。 SFAの前身の農食品・獣医庁は2011年の福島第一原発のメルトダウン事故を受け、11都県の産物の輸入を禁止し、14年から段階的に撤廃してきた。今回の措置で禁輸は全面解除された。 「飛露喜(ひろき)」、「廣戸川 (ひろとがわ)」、「写楽(寫樂) (しゃらく

【パートナー選定ミス】事例

前回書いた「【海外進出:必読】パートナー選び」に関連して、 最近聞いた例で、残念だなと思ったこと。 パターン①:有効期間5年(例)の独占契約で海外企業(A社とする)と締結した。 ⇒A社は日本酒販売が主事業ではなく、片手間。販売単価が非常に高い、業界知識もない+ITに疎い(簡単にいうとネットが使えない)から、自分達の置かれている環境(競争力がない)に気が付かない。契約した酒蔵の商品は魅力的であるが、

© 2020 COOL JAPAN TRADING CO .,LTD All Rights Reserved.